交通事故や相続放棄の手続きはプロに任せる|すぐ弁護士に依頼しよう

事故発生後

ジャッジガベル

交通事故が起きた際の流れについて説明していきます。まずはすぐに警察を呼び、相手の身元を確認しましょう。警察の人たちは交通事故に関してはプロフェッショナルなので、状況処理をしてくれます。また、その時に可能であれば免許証や車検証のコピーを取るとよいでしょう。携帯電話のカメラを活用して、それらを撮影し、データとして保存すると効果的です。そして、交通事故が起きてしまった後に、警察をよばないと、「交通事故証明書」を発行してもらえないこともあります。交通事故発生証明書とは、いつ、どこで、どのような事故が起こったかを証明する書類になります。この交通事故証明書がないと、車の修理にかかる保険金が発生しないこともあります。また、交通事故後の対応や裁判を弁護士に依頼する際も、不利になってしまうこともあります。交通事故が起きてしまい、警察への報告をしなかった場合、罰則が生じることもあります。交通事故が起これば警察に報告するのは、義務でもあります。警察に連絡を行う際は、事故現場と事故の状況、負傷者がいるかどうかなどの情報を伝えます。交通事故が発生したしまった際、はじめのうちは頭が真っ白で何も考えられず、状況を理解できないこともあるかと思います。その時は、一度深呼吸をしてリラックスし、冷静に現在の状況を先方に伝えるとよいでしょう。第三者の目があることで客観的に状況を判断してもらうことができるので、携帯電話を使って家族や友人などに連絡するのも一つの手です。

交通事故のときには、警察への連絡のあとにすぐ弁護士にも連絡しましょう。交通事故の案件を扱っている弁護士は数多くいますので、手続きに関することなど、様々な場面で頼りになります。信頼できる弁護士を探し、いざという時にはすぐに連絡して依頼しましょう。また、交通事故以外にも弁護士を頼る機会はいろいろあります。その中の一つが、相続放棄に関する手続きです。親族などの遺産を相続することになった場合、それを放棄したいけどどのような手続きをしていいかわからない、という人も数多くいます。そのようなときには、弁護士に依頼して相続放棄の手続きをサポートしてもらいましょう。手続きは相続人となってから3か月以内までにという決まりがありますので、その期間内に終わらせられるように注意しましょう。

資格について

男の人

監査を行なうには資格が重要になり、例えば内部監査を行なう監査役になるには公認内部監査人という資格が必要になります。この資格は非常に難易度が高い資格ですが、国際資格なため国内外で活用することが可能です。